最近手軽に出来る四柱推命占いがありますが・・・・

最近手軽に出来る四柱推命占いがありますが・・・・・

四柱推命は、中国3000年の長い歴史の中で生まれた占いです。

といっても、根拠のないものではなく、科学的な運命鑑定です。

生年月日や生まれた時刻から、統計をとり、その組み合わせをまとめた占いが四柱推命占いです。

統計からまとめられたのですから言ってみれば統計学ともいえるのではないでしょうか。

四柱推命の占いのなかでも、最近は無料で占える相性占いがインターネットで流行っているようです。

料金がかからないので、まず今恋人がいる人や、意中の人がいる人にも気軽に四柱推命で占ってもらってはいかがでしょうか?

インターネットで調べてみると恋愛や結婚、仕事、人生などなど・・・・・・占ってもらいたい方に合わせた多種多様なコースがたくさん用意されています。

生年月日と生まれた土地などがわかれば、時刻がわからなくてもいいという四柱推命も多いようです。

恋愛について四柱推命で占ってほしいと思ったら、シングルなら「これから恋できますか?」「運命の異性はどんなひと?」「出会いのチャンスはいつ?」などなど四柱推命によって的確なアドバイスがきっともらえます。

すでにカップルなら「二人の関係は最終的にどうなるの?」「あなたの本当の気持ちは?」「あなたは何を望んでいるの?」などなど気になる事は簡単お手軽な無料の四柱推命で占ってもらってはいかかでしょうか。

恋愛だけでなく職場の人との相性をみてみるのも面白いかも知れませんね!?

簡単な相性占いや恋愛占いなどの鑑定なら、インターネットやチャットなどで気軽にみてもらうといいと思いますが、大きな責任を背負っている方が、運勢やチャンスを鑑定してもらう時には、やはり直接四柱推命の占い師に会って鑑定してもらう事をおすすめします。

四柱推命の自動判断について

四柱推命の自動判断について

四柱推命の理論は非常に多岐にわたり数値化やパターン化しにくいものです。

もちろんネット上では無料の自動診断もありますが、そのほとんどがいくかの回答を用意して表示している程度です。

四柱推命とはそのような簡単ものではありません。

生年月日と生まれた時間によって占うのが四柱推命ですが、自動ソフトでは誕生日から日の干支を出し、それですべてを診断する事が多く、干支は60種類あるので60通りの回答がありますが、これでは動物占いに毛がはえた程度です。

そして誕生日から日の干と支を求めて12運を出し、それで診断するものにいたっては動物占いと同じものです。

それでは人の人生は12通りしかないという事と同じになってしまいます。

また、誕生日から日の干と月の支を求め、月支元命を出し、それで診断する。

日の干(10)×月支元命(10)=100通りの回答を用意したものがあります。

すこしはまともなような気もしますが、やはり人生が100通りに分けられるわけがありません。

この他にも、日の干支(60)×月支元命(10)=600通りの回答を用意したり、組み合わせをひたすら増やして複雑化を図るなど無意味になるソフトがほとんどです。

十人十色、人の運命はパターン化した回答で出せる程に簡単なものではないということです。

その他、パターン化した通変星や12運、神殺の採用、出生時刻が不要でも可であったり日干の強弱の無視なども、自動診断の特徴といえます.

四柱推命とは、生年月日と出生時間をもとに人の運命を論じる方法です。

パターン化された回答では決して人の運命は言い表せません。

四柱推命と動物占いの関係

四柱推命と動物占い

動物占いというのを知っていますか?

少し前に随分流行りましたよね。

そうです、あの、「ペガサス」とか「黒ヒョウ」とか「猿」等の動物に自分を当てはめて、それぞれのタイプや特徴などを占うものですね。

動物占いの可愛い本が出版されたりして、一時とても人気になりました。

「動物占いやった?私はひつじだったけれど、あなたは?」なんていう会話をしたこともあるのではないでしょうか。

ちなみに動物はこの12種です。

サル
チーター
黒ヒョウ
ライオン
トラ
たぬき
コアラ
ゾウ
ひつじ
ペガサス
オオカミ
こじか

さて、この動物占いですが、実は元になったのは四柱推命なのです。

四柱推命の十二運星というものをご存知でしょうか?

これは十干と十二支の組み合わせで導かれます。

十干は甲乙丙丁戊己庚辛壬癸のことで、人間の精神を表し、十二支は子丑寅卯辰巳未申酉戌亥のことで、人間の体や本能的行動を意味するものです。

人間が生まれてから成長していく過程のなかで、どのように行動するのかが十二運星でわかるわけなのです。

十二運星は胎、養、長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、絶の十二あります。

これは人の一生の流れ(生まれてから死ぬまで)と考えられます。

これをわかりやすく動物に当てはめたのが動物占いというわけです。

しかし、四柱推命の十二運星の難しいところは、これら「病」「建禄」「死」などのネーミングがそのままの意味だけではないというところです。

例えば、動物占いでいうところの「コアラ」は、四柱推命の「病」にあたるのですが、コアラの人(「病」の人)が病がちであるということではなく、「色々と心配して苦労はしますが、細かい仕事や精神世界に関する仕事には向いている。」という意味なのです。

また、コアラの人(四柱推命での「病」の人)は、鋭敏な神経の持ち主で、他の人が気付かないようなところにもよく気がつく人でもあります。
このように、十二運星のそれぞれの言葉はそのままの意味だけにとらえてはいけないのです。

四柱推命はとても難解であるといわれていますが、それゆえに奥が深く、的中率も高い占いです。

興味がでてきたら、自分で色々調べて勉強してみるのも楽しいと思いますよ。




四柱推命占いの要素


四柱推命占いの要素

四柱推命は、皆さん知っての通り占いの帝王と呼ばれているほどに的中率の高い運勢鑑定法です。

専門的な用語では、命術と呼ばれる占術方法で、四柱推命西洋占星術などと同じカテゴリーに属する占いなのだそうです。

四柱推命の占いでは、男女の相性を判断する際、四つの方向から判断していきます。

四つの相性の全てがベストとなる男女のカップルはまずいないようですが、もしも四つの全てがピッタリだったら、それこそあなたの運命的出会いの相手なのではないでしょうか。

四柱推命の占いでは、四つのそれぞれの結果の良否を総合的に判断して、カップルの相性診断をしているのです。

判断の材料となる四つの要素とは何か、一つ目は陰陽のバランス。
二つ目は運気のめぐり合わせ。三つ目は絆。四つ目は恋愛星同士の関係です。

陰陽のバランスは、陰陽とは女性と男性とを指すものと思われがちですがそうでは無くて、「氣」の強さを表します。

具体的には、男女いずれか一方が強い命式なら、片方が優しい命式という具合での陰陽のバランスをとります。

あえて説明する必要は無いかもしれませんが、やはり男性の「氣」が強く、女性の「氣」が優しいカップルがベストと言えます。

この逆の組み合わせだと、カップルの主導権は女性が握る事となります。いわゆるカカア天下という奴ですね。

運気の巡り合せは、お互いのめぐりが良い時なら、結婚までのスピードは速く、悪い巡り合せなら、カップルに危機が訪れるでしょう。

三つ目の絆とは、男女各々の四柱干支にいくつ干合・支合・三合会局(三局)があるかによって、その男女間の絆の強さを推し測ります。

そして最後の恋愛星同士の関係は、お互いの星を見て良い関係の相性か悪い関係の相性かをみます。


四柱推命の的中率

四柱推命がよく当たるといわれていますが何故でしょう。

四柱推命が非常に高い的中率を誇るというのは、これは「四柱」という要素を複雑に組み合わせて結論を導き出すためなのです。

「四柱」とは、「年柱(ねんちゅう)」「月柱(げっちゅう)」「日柱(にっちゅう)」「時柱(じちゅう)」をあわせた総称です。

四柱推命では、人が生まれた瞬間の「年」「月」「日」「時間」を4つの柱に見立て、この四柱にその人の運命や未来はもとより、性格や才能、人間関係などのすべてが表れているという考えにもとづいて占っていきます。

占うにあたっては「四柱」をもとにした「四柱推命式(命式と略すことが多い)」が必要になります。

また、この「四柱推命式」と、それを読み解く適切な知識があれば、あなたにも自分自身、あるいは身近な人の運命を読み解くことが可能になるのです。

四柱推命による相性診断は宿命星をもとに鑑定していきます。

宿命星とは、生まれた日と四柱における十干がどんな関係にあるかを表現したものです。

生まれ持った運命がどんなものなのかを示し、表面に出てくる性格や行動パターンを表すといわれている星です。

三つの宿命星の構成によって人格や運命が大きく変わるため、「通変星」と呼ばれることもあります。

相性占いでもこの生まれつきの運命が大きく関わってきます。

生まれ持った人生の流れと五行の法則によって、お互いを高め合ったりあるいは打ち消しあうことになります。

それぞれが生まれ持った恋愛傾向と、相手とどのように恋愛を育んでいけばいいのかを占うことが出来ます。

四柱推命占い、無料占いサイト一覧

四柱推命は的中率が高い占いとして知られています。

下記に無料で四柱推命占いができるサイトの一覧をつくってみました。

占いに興味のあるあなた、あなたの運勢を無料サイトで占ってみては如何ですか?



幸福の四柱推命 http://www.koufuku.ne.jp/unsei/

マニアック四柱推命 http://www.koufuku.ne.jp/suimeiexp.htm

四柱推命占術 http://homepage2.nifty.com/gadgets/suimei.htm

四柱推命占い?新栄堂? http://www.sineido.com/

明日の四柱推命!結婚相性占い「安田流五行推命」 http://www.hi-ho.ne.jp/y-suimei/index2.htm

あなたの無料占い・自動運命鑑定室 http://www.sam.hi-ho.ne.jp/takanishi/

四柱推命による相性診断 http://www.suimei.com/suimei.html

無料占い 人生の羅針盤 http://www.fsoft.co.jp/online/

無料占い鑑定所-四柱推命占い- http://www.sineido.com/muryou/index.html

四柱推命「藍命館」 http://uranai.eek.jp/suimei.html

あしたの四柱推命! http://4suimei.livedoor.biz/archives/50185702.html

幸福の女神の無料占い相談室 http://www.sam.hi-ho.ne.jp/takanishi/





お手軽四柱推命占い

占いの帝王と呼ばれる四柱推命占いは、家庭で楽しめるゲームソフトからゲームセンターで見かけるような大きな機械まで様々あります。

四柱推命占いは生年月日と生まれた時刻から性格をみたり、相性をみたりして運勢を占う総合的な鑑定方法です。

生年月日と生まれた時刻、生まれた場所などの組み合わせは星の数ほどありますので、占いの中でも四柱推命占いは高い的中率を誇っています。

的中率が高いという事は、運勢を見るのに分類されるパーツが多いという事ですよね?

四柱推命占いに必要なパーツをすべて取り出すだけでも大変な時間がかかってしまうそうです。

中には時間稼ぎに悪用して鑑定料をぼったくる占い師もいると聞いた事があります。

そこで、プロの四柱推命の占い師でも最近ではパソコンで鑑定ソフトを使って、占う人の必要なパーツのすべてが出せるようになってきています。

瞬時に出すことができるので、とってもスピーディーに聞きたい事を知る事ができるようになりました。

プロ用ソフトは、プロの霊感や占い師との波動の相性から、細部にわたってみてもらうことが出来ます。

そこまで細かくはいらないわ、という時には、PS2などの家庭用ゲーム機やパソコン用のゲームソフトが販売されているので、おすすめします。

性格をみたり、相性をみたり、運勢をみたり、家族や友人と楽しく鑑定する事ができます。

そして、観光地のゲームコーナーや大きめのゲームセンターでよく目にするのが四柱推命占いのゲーム機です。

かなり本格的に結果が出るので、占い師と会いたくないという人や、お手軽さを求める人には向いていると思います。

1回500円程度が一般的なようなので、仕事運、家庭運、恋愛運、結婚運、などの運勢や意中の人との相性を鑑定してみてはいかがでしょうか。





四柱推命を体験するには

四柱推命のことは良く解った。

でもどこへ行けば体験できるのかという方がいらっしゃるかもしれません。

日本の、特に横浜の中華街の中にはたくさんの占いの館があることをご存じですか?

中国は古くから数々の占いの歴史があり、いろいろな方法で未来を予測しようとしてきました。

占いは西洋占術と東洋占術に大きく別れ、よく耳にする占いで中国が発祥だと言われているものは沢山あるんです。

「あなたは占いを信じますか?」人生に悩みはつき物とよく言われますが、そんな時ほど占いを頼りたくなるものです。

中華街の占いの館では中国に古くから伝わる有名な占い「中国占術」の世界をかいま見ることが出来ます。

中国占術とは、ひとくちに「中国占術」と言ってしまっていますが、実は沢山の流派からなる占いが存在します。

中国占術は「木」「火」「土」「金」「水」の5つの構成要素からなるという五行説という考えからなっています。

これを元にして「四柱推命」や「算命学」「六壬」「気学」などの流派が作られました。

最近のブームは「風水」、我々の住む家に良い気を招き入れ悪い気を払う陽宅風水 の術。

本質は、「風」をあやつり「気」の流れを用いることにより、運気を上げるというものです。

家・建物の向きや位置、部屋のインテリアなどで気の善し悪しを判断し改善してゆくのです。

一流の風水師となると、その人物の運命を予言することまで出来るそうです。

中華街に点在する占いの館には、四柱推命をはじめ手相学や風水など気軽に相談できるコーナーがたくさんあります。

お値段も内容によってまちまちではありますが、500円くらいから鑑定をしてもらえるところも沢山あります。

四柱推命の歴史

占いのサイトなどでよく、「四柱推命」というのを目にすることはないでしょうか?

四柱推命は、中国から伝わってきた占いの方法で、生年月日と生まれた時間帯から、結婚運、健康運、性格、適正・適職、過去、現在、未来に関することなど、個人に関するほぼすべてのことが占えます。

四柱推命という名前は、生まれた年、月、日、時間をそれぞれ、「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」の四つの時間軸としてとらえて、運命を占うことから付けられました。

占星術が空の星の配置を見て占うのとは違って、四柱推命は十干(甲こう・乙おつ・丙へい・丁てい・戊ぼ・己き・庚こう・辛しん・壬じん・癸き)と十二支(子ね・丑うし・寅とら・卯う・辰たつ・巳み・午うま・未ひつじ・申さる・酉とり・戌いぬ・亥い)を組み合わせた「六十干支」暦を使って占います。六十干支は60期で一周することになります。(10と12の最小公倍数が60なため)。

四柱推命の起源はこの「六十干支」暦の成立時にまでさかのぼって考えることができます。

中国で、「六十干支」暦が用いられるようになったのは紀元前数千年と考えられています。

そこから、人々の運勢を推測する占いの技術として「六十干支」暦が使用されるようになったのが紀元前3世紀ごろだそうです。

中国戦国時代の秘書官、珞碌子(らくろくし)が著した「珞碌子三命消息賦」が四柱推命の最古の文献とされています。

このように、四柱推命は非常に長い歴史を持つ占いなのです。

長い歴史の中で培われてきただけあって、四柱推命の的中率はかなり高いといわれています。

四柱推命占いの繁盛店

四柱推命占いで色々な占い師に鑑定してもらっているけど、どうもいまいちピンと来ないという方は是非参考にして下さい!

横浜中華街の安謝占館を皆さんご存知ですか?

四柱推命占いといえば横浜中華街の安謝占館。

中華街といえば横浜中華街の安謝占館というほどよく当たり、たくさん占える事で有名です。

横浜中華街の安謝占館の中には、手相占い、四柱推命占い、算命学占い、九星・気学占い、タロット占い、家相・風水占いがあります。

横浜中華街の安謝占館の他の店舗は、アンシェブライダルサロン、安謝ブライダルサロン、希望占館、中国文物占館、朝陽門占館、天長門占館、天長門ブライダルサロンの8店舗です。

すべての店舗で共通して行われているのが、手相占いです。

手相占いは、995円で鑑定してもらえます。

995円〜という中途半端な価格設定の理由は、お客さんが1,000円を出しておつりが5円で、よいご縁(幸運、金運、好運)がありますようにという気持ちが込められているそうです。
粋ですね。

鑑定料を詳しく見ていくと、四柱推命による占いは2,000円〜5,000円、算命学による占いは3,000円〜10,000円、九星・気学による占いは2000円〜5,000円、タロットによる占いは2,000円〜5,000円、家相・風水による占いは5,000円〜となっているようです。

また、手相占い、四柱推命占い、算命学占い、九星・気学占い、タロット占い、家相・風水占いを駆使した人生相談は5,000円〜、結婚相談は30,000円〜50,000円となっています。

「ん〜、高いな」そう感じましたか?

高くはありません。一生の問題を多方面から鑑定してもらえるのですから・・・・・・。

四柱推命の考えかた

四柱推命とは一体自分は何者なのか、

あるいはどんな目的や価値を持っているのか、

この自分はどんな性格でどんな長所や短所があるのか、

これから生きていく為に自分が持っている特質を伸ばすにはどうしたらいいのか、

短所をなおしたり人生の不幸を回避するにはどうしたらいいのか、

というような「本来良いものばかりを与えたかったのに、いろいろな原因で不幸にも悪いモノも持ってしまった。だから、これからどういう点に気を付けて、どうやって生きていけばいいのか」という生まれた時からの運命を占うものです。

四柱推命こそ、人生のもっとも重要なポイントをはっきり示してくれる占いだということが出来ます。

人は、皆プラスの面マイナスの面の両方を併せ持っています。

いかに人生においてプラスを引き出せるかそれが一番大切だということを忘れてはいけません。

すごい才能を持っているのに力を出せない人、持っていなくてもその力が備わる時期にうまく自分の力として引き出せるように、あらかじめ運命の流れを知っておければ人生の岐路に一つの方向を打ち出すきっかけになります。

しかし、とてもよい四柱でも絶対にいい人生とは限らず、あまりよくないと言われている四柱でも悪いとは言い切れません。

又、相性がよくても上手くいくとも限りませんし、悪くてもお互いにマイナス面を心に留め過ごせば、お互いに高め合うことも出来ます。

又、お互いの大きな流れ、毎年毎年の運気でも変わります。

結婚に適した時期かどうかは解りますが、それが今お付き合いしている方かどうかは、相性の診断の結果から判断することになります。

四柱推命、日本での成立

多くの方がご存じのように四柱推命は中国古代に成立した占いで、十干と十二支を組み合わせた六十干支によって人のさまざまな運勢を占います。その歴史は大変に古く、長い年月をかけて研究されてきました。

言い古されていますがとても奥が深く難解な学問とされています。

しかし、その分、的中率も非常に高いことで有名です。

四柱推命は、もともとは中国で行われてきた占いですが、のちに日本に伝播しました。

四柱推命が日本に紹介されたのは、仙台藩の医者であり、儒学者であった桜田虎門という人物が「淵海子平(エイカイシヘイ)」という書物を翻訳したのが始まりとされています。

「淵海子平」は中国の宋代の徐大升(ジョタイショウ)という人が著したもので、先に四柱推命を研究していた徐子平の研究をさらに発展させてまとめたものです。

桜田虎門が「淵海子平」の訳本、「推南書」を刊行して以来、四柱推命の研究は多くの学者によって行われてきました。

現代の日本における四柱推命の流れは、阿部泰山から出ているといわれます。

阿部泰山というのは明治の人で、四柱推命をいくつかの本にまとめました。

それ以後も四柱推命の研究は幅広く行われ、今ではさまざまな流派が存在します。

四柱推命では、健康、性格、適職、恋愛、財運など、人間の暮らしにかかわることほぼすべての運勢を予測することができます。

なお、四柱推命という呼び方は日本だけのものです。

本家、中国ではこれを宋代の徐子平の名前と「淵海子平」のタイトルから、「子平」または「子平八字」「八字」などと呼びます。

四柱推命は運命を占う

世の中にはいろいろな種類の占いが有ります。

「あたる」と噂になるものや、動物占い・寿司占い・家電製品占いなどなにが根拠なのかわかりにくいものも多々あります。

しかし、それらは何かしらの流れをくんで占われたもの。

れっきとした根拠ある占いなのです。

大もととなるいくつかの占いを紹介してみましょう。

まず、対面での占いでよく見かけるのが「手相占い」「人相占い」です。

一見生まれ持った骨格がそうそう変わるわけでもないし、しわの具合で何が解るのかと思われがちですが、疲れると暗い顔に見えたり、体調が悪いと手がはれぼったくなったりということがあるように、生活環境や精神状態で意外と変化があるようです。

次に後天的なもので占うのが「姓名判断」「家相占い」などです。

これらは結果によって変えることも出来るため、注意が必要です。

そして偶然的なものを読み解いて占うのが「タロット占い」「易占」などです。

タロットカードはその並びとカードの意味で占い、易占とは五十本の筮竹で卦を立ててその卦の辞とかたちで判断を下すものです。

最後に生まれた年月日、出生時間などで占うのが「西洋占星術」「四柱推命」などです。

生まれた瞬間に定められた運命を占うもので、人生そのものの流れを占うものです。

生まれた瞬間の情報をもとにひとりひとり全く違う運命の流れを紐解いて行きます。

四柱推命は最も歴史が古いとされ、複雑で難解ですが的中率も高いとされています。

四柱推命で占う十二運星

四柱推命はとてもよく当たることで知られています。その歴史は長く、占術はさまざまなものがあります。

四柱推命の占いのなかで、性格の傾向や宿命について占うのに適しているのが十二運星です。

十二運星は運勢エネルギーをあらわすもので、長生・沐浴・冠帯・建禄・帝旺・衰・病・死・墓・絶・胎・養の12種類があります。

これは人間の一生を例えて名前がつけられています。

しかし、その文字が、衰・病・死・墓・絶など、悪いイメージがあるものであっても、死んだり、病気になったりするわけではありません。

これはあくまでも運勢の強弱や性格の傾向についてあらわしています。

実は、「動物占い」というのは四柱推命の十二星運の12種類の言葉を動物に置き換えて簡単にしたものなのです。

そう思うと、なじみのあるもののように思えてきますね。ここでは、十二星運それぞれの意味について解説しようと思います。

長生(ちょうせい): 人が生まれた時の状態を表します。基本的に優しく、何事に対しても遠慮がちです。また神経を使いすぎる傾向にあります。

沐浴(もくよく): 産湯に浸かった状態を表します。気ぐらいが高く、頭を下げるのが嫌いです。独立心が強いところもあります。

冠帯(かんたい): 成人になった状態を表します。思いやりがありますが、気が強いです。困っても弱みをみせません。

建禄(けんろく): 独り立ちした状態を表します。考え方が細かいです。好きなことは損得抜きに好きになります。

帝旺(ていおう): 人生の頂点に達した状態を表します。プライドが高くワンマンです。しかし人に迷惑をかけることを嫌います。

衰(すい): 人生の頂点から衰え始めた状態を表します。保守的で堅実です。自分を控えめに見積もる傾向があります。

病(びょう): 衰えて病気になった状態を表します。大胆で独立心が強いです。また、直感力にもすぐれています。

死(し): 死の時の状態を表します。表向きは明るいですが、孤独な面も併せ持ちます。真面目で努力家です。

墓(ぼ): 死んで墓に入った状態を表します。気ままな性格です。細かいことに気がつきます。

絶(ぜつ): 肉体が土にかえった状態を表します。人が良く、すぐ人を信用してしまいます。情にもろいです。

胎(たい): 新たな生命が宿った状態を表します。新しいもの好きです。頼まれれば断りませんが実行力に欠けます。

養(よう): 胎内で成長している状態を表します。のんびり型であっさりしています。積極性はあまりありません。
タグ:十二運星

彼氏・彼女が出来たら四柱推命占い

「今の彼とはこの先どうなるのだろう?」「二人同時に好きな人が出来たのだけれど」「結婚しようといわれたけど・・・・・・」

恋愛や結婚の悩みは本当に尽きることがありません。

いつも誰かを想い抱くのが人間です。

そんな時は絶対「四柱推命」で占ってもらうことをお勧めします。

恋を沢山しなさいってよく言われますが

恋をして悩む人はきっと、結婚して明るい家庭を築いていきたいと思っているの人ではないでしょうか。

明るい家庭を築く為に、子供は何人いて、家族思いの優しい旦那様がいて、マイホームは・・・・・・などなど、明るい家庭の条件はたくさん出てきます。

ドンドンマイファミリーの夢が膨らみますね。

結婚するのに四柱推命による占いが必要なのは、明るい家庭や幸せな家族という定義が彼と私と一緒かどうか知る必要があるからです。

これって本当に重要なんですよ。

いざ結婚してみて、生活習慣が微妙にちがっている事(ズレていること)に気付く事が多々あります。

生活習慣が違うという事は、多少極端な言い方かもしれませんが、家族のあり方がちがうといえるでしょう。

つまり、夫のあり方や妻のあり方の定義、お父さんお母さんのあり方の定義が微妙にちがっている(ズレている)のです。

こうなってしまってからでは、誰もが自分の育った環境(家庭)が間違ったものだという気持ちは薄いのですから、夫婦間のトラブルや嫁姑トラブルを招く原因になってしまいがちです。

昔と違って今はいわゆる「嫁姑戦争」といったものは少なくなり、母娘のように仲が良いという方も増えているようです。

つまり「小うるさい姑」は少なくなったようですが、やはり目上の方には色々と教えて頂かなければならないので、素直に受け入れる心は、四柱推命の鑑定結果に左右されず必要である事はいうまでもありません。

しかし、まったくもって明るい家庭の定義がズレきってしまっている相手とは、どう考えたって理解に苦しむ場面が増えるでしょう。

そうならない為にも、四柱推命占いで恋愛中の方も初期の段階で、結婚について相手の思っている本当の姿を知る必要があるのです。

手軽な四柱推命もありますが

あなたは過去になにか占ってもらったことがありますか?

人生の岐路に立った時、占いで将来を確かめたくなります。

結婚しようと思った時本当にこの人でいいのか、家を建てる時本当に今この時期にこの家でいいのか、いろいろその時々で悩みは尽きないと思います。

世の中には手軽に無料で占いが出来るソフトが沢山でまわっています。

あなたはそれらを利用した事がありますか?

インターネットを見ればすぐに無料のオンラインサイトにアクセスでき、気になる相手との相性診断が直ぐにできます。

いろいろな種類の占いがクリックひとつでできてしまいます。

四柱推命を初め占星術、姓名判断など多種多様な占いがクリック一つで結果を手に入れることができてしまいます。

しかし、基本的に占いは対面で行うのが一番です。

本気で悩みがある時、大きな決断をする時、ただ結果を見るだけではなく、未来に向かったアドバイスも受けることが出来たらすばらしいと思いませんか。

今後の人生の指針になりますよね。

四柱推命など複雑な占いでは、単に生年月日を入力するだけの情報だけでパターン化された結果だけのはずがありません。

陰陽五行説など複雑に絡み合ってきます。

四柱推命とは生まれた年月日と時間から計算する統計学でが。

いくつかの人生の選択によってその運命が変わるのだそうです。

人の数だけ命数表があり、結果を読み取るのはとても難しいのだそうです。

最近では占い師と電話でやりとりして占いの結果を聞くこともできます。

直接話をすることで、気になる部分をこまかく聞くこともできますし、たとえ悪い結果が出たとしてもできるだけいい方向に持っていけるようにアドバイスをもらうこともできます。

四柱推命・占いソフト

四柱推命は中国で長い間実践されてきた歴史があり難解な占いです。

四柱推命のなかにもさまざまな占術があり、複雑でとても難解な学問であるといわれています。

ところで、自分の運勢を占って貰っているうちに、四柱推命自体に興味がでてきたことはありませんか?

自分も占い師(職業鑑定士)になってみたいとおもったことはありませんか?

なんと、そんな人の強い味方、「占いソフト」なるものがあるのです。

フォーチュンソフトというところが発売しており、フォーチュンソフトの占い専用ソフトはすべて運命学のプロ集団が開発を行っているとのことです。


商品を見てみると、「新四柱推命プロ版ビデオ」、「新四柱推命プロ版」、「新四柱推命・中国医学プロ版」などの文字が並んでいます。

フォーチュンソフトのHPによると、これらのソフトを使っている職業鑑定士が何千人もいるそうです。

四柱推命の他にも非常に多くの占術の解説ソフト・DVDが発売されています。

はるか昔は特定の人(シャーマンの家系など)しか従事していなかった占術に、現代ではこういった教材を使うことによって誰でもチャレンジできるようになっているようです。

運命学の専門家によって占いのコンピュータソフトが開発され、それをプロの職業鑑定士が使用する。

中国4000年の歴史ある四柱推命も、時代とともにさまざまに変化していくものなのですね。

関心があるかたはフォーチュンソフトのサイトで占いの教材を探してみてはどうでしょう?

もしかしたら、占ってもらう側から、今度はあなたが占う側になるかもしれません。


楽天店新四柱推命・中国医学プロ版 Ver8.0:フォーチュンソフト

四柱推命占いはステイタス

四柱推命は、占いといっても科学的な運命鑑定です。

四柱推命で占う時のそのすべてが統計によって導かれているので、統計学ともいえるかも知れません。

でも、四柱推命による占いにも全て同じ結果が出るとは限りません。

結果にバラつきがあるのは、占い師の霊能力の違いによるのではないでしょうか。

過去や未来までもみえるというのはやっぱり霊能力があっての事だと思います。

結果に差があるからと言って

「四柱推命だって占いだからやっぱりうさんくさい。」と思わないでほしいですね。

占い師の霊能力の波動と占ってもらう人との波動がピッタリ合うのと合わないのとでは、みえる範囲が違ってくるみたいです。


神戸や大阪では四柱推命の占いが大人気です。

やっぱり、関西といえば商人。統計とか確かなもの、儲かるものが大好きなようです。

関西では、信頼できる自分と波長の合う占い師と出会う事がステイタスになっています。

これは関東の人とは少し考え方が違うかもしれませんが。

事業主などは、毎年年初めには、今年の方向性を決める為に、四柱推命で運勢などを占ってもらっているそうです。

今年起こる出来事や出会いを事前に耳に入れておくだけで、仕事の出来が善くも悪くも変わってくるものです。

何はともあれ、星の数ほどいる四柱推命の占い師の中から、自分に合った占い師を見つけるという事は、とっても大変なことです。

最近では、チャット形式で手軽に今年の運勢を鑑定してもらえるサイトも多くなってきています。

こういった形では、四柱推命の占い師と合うかどうか直接会って肌で感じる事が出来ません。

簡単な相性占いや恋愛占いなどの鑑定なら、チャットなどで気軽にみてもらうといいと思いますが、大きな責任を背負っている方が、その後を左右するような運勢やチャンスを鑑定してもらう時には、やはり直接会って鑑定してもらう事をおすすめします。

四柱推命の占い師さんを探す

自分では解決できない悩みを抱えて四柱推命で占いをしたいと思った時、どうすれば占い師と出会うことができるのでしょうか?


実際に占い師さんと連絡を取るためにはいろいろな方法があります。

まず、地域の占いの館へ行く方法があります。

中華街などには中国占星術を専門として扱う占いの館が存在します。

そこへ行けばいろいろな占い師さんがいますので、実際に自分で占って欲しい人に頼むことができます。

そして、たまにですが、百貨店やデパートなどの物産展や企画で出張している場合もあります。

あらかじめ情報をあつめて、見てもらいたい占い師を捜しておきましょう。

他にも町中で営業している占い師もいますが、そういったところに突然一人で行くのは勇気が必要だと思います。

そういう「占って欲しい悩みがあるけれど、どんな人かも分からないし、勇気が出ない」という方は、インターネットでの情報が便利ではないでしょうか。

個人でホームページを作って、占いに対する理念ややりかた、得意分野などを説明してくれていますし、直接合わなくてもメールや電話で鑑定してくれる人もいます。

予約をとって訪問で占ってくれる人もいます。

連絡を取ってみる前に顔写真などであらかじめどんな人なのか大まかに分かるので「名前だけを見て女性だと思って頼んだら男性だった」などの心配がありません。

占いの館などの情報もインターネットで公開しているところもあります。

どんな占い師が在籍しているのか、どこかでイベントをしていないか、どの占い師がどの問題を得意かなど、自分の悩み事にあった占い師を捜すことができます

四柱推命で未来を戦略する

四柱推命占いは中国の長い歴史の中で生まれた、未来を切り開くための先人の知恵ともいえる占い法なのです。

人の未来は決して明るいものばかりではありません。

「人生山あり谷あり」とよくいいますが、いい思いばかりで苦しさを知らないという人は余りいないと思いますが苦労を知らない人は人間としての厚みが足りないような気がします。

苦しみを知れば人の痛みがわかるようになり、思いやりの心を持つ事ができるようになります。

その為に四柱推命の占いで、未来を切り開く為の知恵を授けてもらうという事はその本人だけでなく周りの人にもよいことだと思います。

四柱推命占いと組み合わせる事で、さらに効果的な鑑定結果を得られるものがあります。

「奇門遁甲」(きもんとんこう)と呼ばれるもので、古代中国では戦いに勝利する為の戦術に使われていたまさに秘術といわれるものです。

「中国」とか「秘術」と聞くと、とてもすごいパワーを持つもののようなイメージが湧いてきますね。

決してイメージ倒れではないだけの結果が導き出されますので、機会があれば鑑定士さんに鑑定をお願いしてみると良いかと思います。

「奇門遁甲」は方角の吉凶を見る為の占いなのだそうです。
占いをする年や月、日にち、時間をそれぞれ表す盤を用いて方位の吉凶をみていきます。

それによって恋愛や結婚などの縁に関係するもの、結婚後であれば妊娠、出産といった子宝に関係するもの、学生さんであれば就職や試験といった事に関係するもの、会社を経営する方であればその事業にまつわる取引や金銭などにまつわる事業の発展に関係するもの、その他にも旅行であったり転居であったり交渉事であったりと様々な物事が有利に展開するにはどの方角が吉であり、逆に凶なのかを探していくのです。

四柱推命に奇門遁甲で、まさに「鬼に金棒」の鑑定結果が得られるかもしれません。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。