四柱推命の自動判断について

四柱推命の自動判断について

四柱推命の理論は非常に多岐にわたり数値化やパターン化しにくいものです。

もちろんネット上では無料の自動診断もありますが、そのほとんどがいくかの回答を用意して表示している程度です。

四柱推命とはそのような簡単ものではありません。

生年月日と生まれた時間によって占うのが四柱推命ですが、自動ソフトでは誕生日から日の干支を出し、それですべてを診断する事が多く、干支は60種類あるので60通りの回答がありますが、これでは動物占いに毛がはえた程度です。

そして誕生日から日の干と支を求めて12運を出し、それで診断するものにいたっては動物占いと同じものです。

それでは人の人生は12通りしかないという事と同じになってしまいます。

また、誕生日から日の干と月の支を求め、月支元命を出し、それで診断する。

日の干(10)×月支元命(10)=100通りの回答を用意したものがあります。

すこしはまともなような気もしますが、やはり人生が100通りに分けられるわけがありません。

この他にも、日の干支(60)×月支元命(10)=600通りの回答を用意したり、組み合わせをひたすら増やして複雑化を図るなど無意味になるソフトがほとんどです。

十人十色、人の運命はパターン化した回答で出せる程に簡単なものではないということです。

その他、パターン化した通変星や12運、神殺の採用、出生時刻が不要でも可であったり日干の強弱の無視なども、自動診断の特徴といえます.

四柱推命とは、生年月日と出生時間をもとに人の運命を論じる方法です。

パターン化された回答では決して人の運命は言い表せません。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。