四柱推命と動物占いの関係

四柱推命と動物占い

動物占いというのを知っていますか?

少し前に随分流行りましたよね。

そうです、あの、「ペガサス」とか「黒ヒョウ」とか「猿」等の動物に自分を当てはめて、それぞれのタイプや特徴などを占うものですね。

動物占いの可愛い本が出版されたりして、一時とても人気になりました。

「動物占いやった?私はひつじだったけれど、あなたは?」なんていう会話をしたこともあるのではないでしょうか。

ちなみに動物はこの12種です。

サル
チーター
黒ヒョウ
ライオン
トラ
たぬき
コアラ
ゾウ
ひつじ
ペガサス
オオカミ
こじか

さて、この動物占いですが、実は元になったのは四柱推命なのです。

四柱推命の十二運星というものをご存知でしょうか?

これは十干と十二支の組み合わせで導かれます。

十干は甲乙丙丁戊己庚辛壬癸のことで、人間の精神を表し、十二支は子丑寅卯辰巳未申酉戌亥のことで、人間の体や本能的行動を意味するものです。

人間が生まれてから成長していく過程のなかで、どのように行動するのかが十二運星でわかるわけなのです。

十二運星は胎、養、長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、絶の十二あります。

これは人の一生の流れ(生まれてから死ぬまで)と考えられます。

これをわかりやすく動物に当てはめたのが動物占いというわけです。

しかし、四柱推命の十二運星の難しいところは、これら「病」「建禄」「死」などのネーミングがそのままの意味だけではないというところです。

例えば、動物占いでいうところの「コアラ」は、四柱推命の「病」にあたるのですが、コアラの人(「病」の人)が病がちであるということではなく、「色々と心配して苦労はしますが、細かい仕事や精神世界に関する仕事には向いている。」という意味なのです。

また、コアラの人(四柱推命での「病」の人)は、鋭敏な神経の持ち主で、他の人が気付かないようなところにもよく気がつく人でもあります。
このように、十二運星のそれぞれの言葉はそのままの意味だけにとらえてはいけないのです。

四柱推命はとても難解であるといわれていますが、それゆえに奥が深く、的中率も高い占いです。

興味がでてきたら、自分で色々調べて勉強してみるのも楽しいと思いますよ。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。