四柱推命占いの要素


四柱推命占いの要素

四柱推命は、皆さん知っての通り占いの帝王と呼ばれているほどに的中率の高い運勢鑑定法です。

専門的な用語では、命術と呼ばれる占術方法で、四柱推命西洋占星術などと同じカテゴリーに属する占いなのだそうです。

四柱推命の占いでは、男女の相性を判断する際、四つの方向から判断していきます。

四つの相性の全てがベストとなる男女のカップルはまずいないようですが、もしも四つの全てがピッタリだったら、それこそあなたの運命的出会いの相手なのではないでしょうか。

四柱推命の占いでは、四つのそれぞれの結果の良否を総合的に判断して、カップルの相性診断をしているのです。

判断の材料となる四つの要素とは何か、一つ目は陰陽のバランス。
二つ目は運気のめぐり合わせ。三つ目は絆。四つ目は恋愛星同士の関係です。

陰陽のバランスは、陰陽とは女性と男性とを指すものと思われがちですがそうでは無くて、「氣」の強さを表します。

具体的には、男女いずれか一方が強い命式なら、片方が優しい命式という具合での陰陽のバランスをとります。

あえて説明する必要は無いかもしれませんが、やはり男性の「氣」が強く、女性の「氣」が優しいカップルがベストと言えます。

この逆の組み合わせだと、カップルの主導権は女性が握る事となります。いわゆるカカア天下という奴ですね。

運気の巡り合せは、お互いのめぐりが良い時なら、結婚までのスピードは速く、悪い巡り合せなら、カップルに危機が訪れるでしょう。

三つ目の絆とは、男女各々の四柱干支にいくつ干合・支合・三合会局(三局)があるかによって、その男女間の絆の強さを推し測ります。

そして最後の恋愛星同士の関係は、お互いの星を見て良い関係の相性か悪い関係の相性かをみます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。