四柱推命の的中率

四柱推命がよく当たるといわれていますが何故でしょう。

四柱推命が非常に高い的中率を誇るというのは、これは「四柱」という要素を複雑に組み合わせて結論を導き出すためなのです。

「四柱」とは、「年柱(ねんちゅう)」「月柱(げっちゅう)」「日柱(にっちゅう)」「時柱(じちゅう)」をあわせた総称です。

四柱推命では、人が生まれた瞬間の「年」「月」「日」「時間」を4つの柱に見立て、この四柱にその人の運命や未来はもとより、性格や才能、人間関係などのすべてが表れているという考えにもとづいて占っていきます。

占うにあたっては「四柱」をもとにした「四柱推命式(命式と略すことが多い)」が必要になります。

また、この「四柱推命式」と、それを読み解く適切な知識があれば、あなたにも自分自身、あるいは身近な人の運命を読み解くことが可能になるのです。

四柱推命による相性診断は宿命星をもとに鑑定していきます。

宿命星とは、生まれた日と四柱における十干がどんな関係にあるかを表現したものです。

生まれ持った運命がどんなものなのかを示し、表面に出てくる性格や行動パターンを表すといわれている星です。

三つの宿命星の構成によって人格や運命が大きく変わるため、「通変星」と呼ばれることもあります。

相性占いでもこの生まれつきの運命が大きく関わってきます。

生まれ持った人生の流れと五行の法則によって、お互いを高め合ったりあるいは打ち消しあうことになります。

それぞれが生まれ持った恋愛傾向と、相手とどのように恋愛を育んでいけばいいのかを占うことが出来ます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。