四柱推命の歴史

占いのサイトなどでよく、「四柱推命」というのを目にすることはないでしょうか?

四柱推命は、中国から伝わってきた占いの方法で、生年月日と生まれた時間帯から、結婚運、健康運、性格、適正・適職、過去、現在、未来に関することなど、個人に関するほぼすべてのことが占えます。

四柱推命という名前は、生まれた年、月、日、時間をそれぞれ、「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」の四つの時間軸としてとらえて、運命を占うことから付けられました。

占星術が空の星の配置を見て占うのとは違って、四柱推命は十干(甲こう・乙おつ・丙へい・丁てい・戊ぼ・己き・庚こう・辛しん・壬じん・癸き)と十二支(子ね・丑うし・寅とら・卯う・辰たつ・巳み・午うま・未ひつじ・申さる・酉とり・戌いぬ・亥い)を組み合わせた「六十干支」暦を使って占います。六十干支は60期で一周することになります。(10と12の最小公倍数が60なため)。

四柱推命の起源はこの「六十干支」暦の成立時にまでさかのぼって考えることができます。

中国で、「六十干支」暦が用いられるようになったのは紀元前数千年と考えられています。

そこから、人々の運勢を推測する占いの技術として「六十干支」暦が使用されるようになったのが紀元前3世紀ごろだそうです。

中国戦国時代の秘書官、珞碌子(らくろくし)が著した「珞碌子三命消息賦」が四柱推命の最古の文献とされています。

このように、四柱推命は非常に長い歴史を持つ占いなのです。

長い歴史の中で培われてきただけあって、四柱推命の的中率はかなり高いといわれています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。