四柱推命の考えかた

四柱推命とは一体自分は何者なのか、

あるいはどんな目的や価値を持っているのか、

この自分はどんな性格でどんな長所や短所があるのか、

これから生きていく為に自分が持っている特質を伸ばすにはどうしたらいいのか、

短所をなおしたり人生の不幸を回避するにはどうしたらいいのか、

というような「本来良いものばかりを与えたかったのに、いろいろな原因で不幸にも悪いモノも持ってしまった。だから、これからどういう点に気を付けて、どうやって生きていけばいいのか」という生まれた時からの運命を占うものです。

四柱推命こそ、人生のもっとも重要なポイントをはっきり示してくれる占いだということが出来ます。

人は、皆プラスの面マイナスの面の両方を併せ持っています。

いかに人生においてプラスを引き出せるかそれが一番大切だということを忘れてはいけません。

すごい才能を持っているのに力を出せない人、持っていなくてもその力が備わる時期にうまく自分の力として引き出せるように、あらかじめ運命の流れを知っておければ人生の岐路に一つの方向を打ち出すきっかけになります。

しかし、とてもよい四柱でも絶対にいい人生とは限らず、あまりよくないと言われている四柱でも悪いとは言い切れません。

又、相性がよくても上手くいくとも限りませんし、悪くてもお互いにマイナス面を心に留め過ごせば、お互いに高め合うことも出来ます。

又、お互いの大きな流れ、毎年毎年の運気でも変わります。

結婚に適した時期かどうかは解りますが、それが今お付き合いしている方かどうかは、相性の診断の結果から判断することになります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。