四柱推命、日本での成立

多くの方がご存じのように四柱推命は中国古代に成立した占いで、十干と十二支を組み合わせた六十干支によって人のさまざまな運勢を占います。その歴史は大変に古く、長い年月をかけて研究されてきました。

言い古されていますがとても奥が深く難解な学問とされています。

しかし、その分、的中率も非常に高いことで有名です。

四柱推命は、もともとは中国で行われてきた占いですが、のちに日本に伝播しました。

四柱推命が日本に紹介されたのは、仙台藩の医者であり、儒学者であった桜田虎門という人物が「淵海子平(エイカイシヘイ)」という書物を翻訳したのが始まりとされています。

「淵海子平」は中国の宋代の徐大升(ジョタイショウ)という人が著したもので、先に四柱推命を研究していた徐子平の研究をさらに発展させてまとめたものです。

桜田虎門が「淵海子平」の訳本、「推南書」を刊行して以来、四柱推命の研究は多くの学者によって行われてきました。

現代の日本における四柱推命の流れは、阿部泰山から出ているといわれます。

阿部泰山というのは明治の人で、四柱推命をいくつかの本にまとめました。

それ以後も四柱推命の研究は幅広く行われ、今ではさまざまな流派が存在します。

四柱推命では、健康、性格、適職、恋愛、財運など、人間の暮らしにかかわることほぼすべての運勢を予測することができます。

なお、四柱推命という呼び方は日本だけのものです。

本家、中国ではこれを宋代の徐子平の名前と「淵海子平」のタイトルから、「子平」または「子平八字」「八字」などと呼びます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。