四柱推命で占う十二運星

四柱推命はとてもよく当たることで知られています。その歴史は長く、占術はさまざまなものがあります。

四柱推命の占いのなかで、性格の傾向や宿命について占うのに適しているのが十二運星です。

十二運星は運勢エネルギーをあらわすもので、長生・沐浴・冠帯・建禄・帝旺・衰・病・死・墓・絶・胎・養の12種類があります。

これは人間の一生を例えて名前がつけられています。

しかし、その文字が、衰・病・死・墓・絶など、悪いイメージがあるものであっても、死んだり、病気になったりするわけではありません。

これはあくまでも運勢の強弱や性格の傾向についてあらわしています。

実は、「動物占い」というのは四柱推命の十二星運の12種類の言葉を動物に置き換えて簡単にしたものなのです。

そう思うと、なじみのあるもののように思えてきますね。ここでは、十二星運それぞれの意味について解説しようと思います。

長生(ちょうせい): 人が生まれた時の状態を表します。基本的に優しく、何事に対しても遠慮がちです。また神経を使いすぎる傾向にあります。

沐浴(もくよく): 産湯に浸かった状態を表します。気ぐらいが高く、頭を下げるのが嫌いです。独立心が強いところもあります。

冠帯(かんたい): 成人になった状態を表します。思いやりがありますが、気が強いです。困っても弱みをみせません。

建禄(けんろく): 独り立ちした状態を表します。考え方が細かいです。好きなことは損得抜きに好きになります。

帝旺(ていおう): 人生の頂点に達した状態を表します。プライドが高くワンマンです。しかし人に迷惑をかけることを嫌います。

衰(すい): 人生の頂点から衰え始めた状態を表します。保守的で堅実です。自分を控えめに見積もる傾向があります。

病(びょう): 衰えて病気になった状態を表します。大胆で独立心が強いです。また、直感力にもすぐれています。

死(し): 死の時の状態を表します。表向きは明るいですが、孤独な面も併せ持ちます。真面目で努力家です。

墓(ぼ): 死んで墓に入った状態を表します。気ままな性格です。細かいことに気がつきます。

絶(ぜつ): 肉体が土にかえった状態を表します。人が良く、すぐ人を信用してしまいます。情にもろいです。

胎(たい): 新たな生命が宿った状態を表します。新しいもの好きです。頼まれれば断りませんが実行力に欠けます。

養(よう): 胎内で成長している状態を表します。のんびり型であっさりしています。積極性はあまりありません。
タグ:十二運星


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。