四柱推命の「今日の運勢」はありえない

四柱推命は人の一生を前もって知ることができる占いといえます。

四柱推命は中国で長い歴史によって培われた運勢学で生まれた年月日時の干支をそれぞれ年柱、月柱、日柱、時柱という4つの柱で分析しあう為「四柱推命」と呼ばれています。

干支は十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)と十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)の事です。

さらに陰陽五行も加わってくるとの事です。

陰陽五行とは地球を含めた宇宙が五行(木・火・土・金・水)で構成され、この五行が物事の基本であるという考えから生み出されたものです。

四柱推命の的中率は東洋占術の中でも最高といわれています。

四柱推命の目的は、前もって将来起こりうる気配を知り、凶運中には凶を避け、吉運中には吉に乗ずる事に有ります。

しかし、四柱推命にも占えないことがあります。

競馬競輪などのギャンブルの結果、宝くじなどのくじ運、今年の景気や経済状況、世相などは四柱推命では占えません。

四柱推命は人をみる運命学です。

ですから人に関係のない上記の事柄は四柱推命では占えません。

そして、よく雑誌や占いサイトで行なっている「今日の運勢」などもそれが四柱推命とあればかなり怪しいですね。

四柱推命はその人の生年月日時でうらないます。

つまり、個人の四柱組織を特定してから占うわけです。

雑誌の「今日の運勢」は星座や生まれ月を基本としていますが、これでは四柱が特定できません。

四柱組織のない四柱推命はありえませんので、そのような「今日の運勢」は信用できないことがお解りいただけることでしょう。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。